信頼できるクレジットカード現金化業者と信頼できない業者の違い

今回は信頼できる業者・信頼できない業者の違いについてお話したいと思います。

1.ホームページの換金率にウソの表記をしない。

*実際、現金化業者のホームページに記載されている換金率はほとんどの業者がお客さんを集客するためにウソの表記をしている場合がほとんどです。
換金率最大98%などと記載している業者は信用しないように!98%~88%位までは信用できないと思っていいでしょう。
基本、業者の利益などを考えると85%~80%が妥当と思います。
ひどい業者になると消費税なども手数料として引く場合もあります。8%は大きいですよね!


2.申し込みから振り込みまでの時間が最短5分などとウソの記載をしない。

*最初のお問い合わせから入金まで最短5分では出来ません。どこの業者も初回のお申し込みの際は身分証明書の提示や、購入説明などがあるので5分で振り込みが完了するのは不可能と考えていいでしょう!これもまた集客する為のウソの表記になりますのでご注意ください。
最低でも30分くらいと記載されているサイトは偽りのないサイトだと思います。


3.電話対応が良く、親切丁寧で電話で問い合わせした際換金率や購入商品をしっかり説明してくれる。

*電話した際に電話の態度が悪く、丁寧に説明などしてくれない業者も多いです。現金化業者にかかわらず、電話対応の悪い業者は信用度が下がりますよね。
最初の入りで印象が良くない業者は結局その後の対応も良くない事が多いのでご注意ください。


4.提出書類に手を抜かない業者は逆に安心できると思います。

*例えばクレジットカードなど作る時も、厳しい会社ならしっかりと提出書類を提出しなくてはいけませんよね?
提出書類に手を抜く業者は逆に適当にやっている業者が多いと思います。
提出書類が多いと心配になる方も多いとは思いますが、逆に考えれば、しっかり身分証明書など確認しない業者は適当に購入させたらいいや!などと考えている可能性が高いと思われます。

皆さんも利用される際は必ず何か所か問い合わせして自分にあう業者を見極めるようにしてください。


[PR]
by q67dhf644fess | 2016-11-29 14:57


まずは現実を見据える事


by q67dhf644fess

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧