<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

消費者金融を利用するときは即日融資を選ぶ

はじめて借り入れをする人は、不安や疑問点がたくさんあることが多いです。
新規申し込みから融資までの流れや企業の選び方や融資の方法や返済の方法を学習しておくと、スムーズに借入をすることができます。
上手な資金調達の方法を知っていれば、お金が無くなったときにも困ることがあります。日ごろからお金に関する勉強をしておくといいでしょう。
資金調達をするときには、消費者金融を活用するのが便利です。選び方としては、長期間にわたって運営をしている会社がいいでしょう。
利用者数が多く、実績が豊富なので安心感と信頼性が高いです。
また、国に届け出をしっかりと出している企業は安心できます。
急な出費が多く、お金に余裕がない場合には即日融資を実施している企業を選びましょう。
即日融資を実施している企業では新規申し込みから審査が終わるまで即日で行ってくれます。
また、審査がおわるとカードが発行され、その日のうちに融資を受けることが出来るのが最大のメリットです。
即日融資を受けるためには、必要書類をしっかりとそろえたり、在籍確認がスムーズにできる状態を作っておきましょう。
借入をする金額によっては収入証明書の提出が必要なので、事前に準備しておきましょう。
[PR]
by q67dhf644fess | 2017-03-06 14:51

新しい便利でスマートなお金の払い方

電子マネーは最近では特に定着していて普及率も拡大しています。
これは仮想通貨として利用できます。
設置している端末にかざすだけで簡単に支払いが完了するので忙しい時にでもスピーディに買い物をすることができます。
このような利便性から利用する人も増えてきています。
とても便利なアイテムですがこれにはメリットとデメリットもあります。
メリットとして一番に挙げられるのが使い勝手の良さです。
決済はカードや携帯電話をレジ横などに設置されている端末にかざすだけで完了させることができます。
小銭を支払いの時に触ったり探したりする必要がないですしかなりシンプルでスピーディに支払いをすることができます。
また、クレジットカードとは違います。
クレジットカードで支払う時にはサインや暗証番号が必要になってきますがそれらは不要になります。
お釣りも発生することがないので小銭が増えてお財布が膨らみすぎてしまうということもないです。
電子マネーが登場した初期では電車やバスの料金、駅構内の売店やコンビニエンスストアなどかなり限定された場所でしか使用できませんでした。
しかし、最近では町中のいたるところの自動販売機やレストラン、家電量販店などで利用することができます。
利用できる場所が増えてきていてさらにこれからも増えるということが最大のメリットと言えるかもしれません。
財布を持たずにどこでも買い物ができるようになるからです。
そして、その反面デメリットもあります。
現在の技術はセキュリティが少し甘いことがあります。
万が一、紛失した場合、落とした場合には再発行が難しいことがあります。
そして、プリペイド式の場合すでに入金した金額は補償されません。
[PR]
by q67dhf644fess | 2017-03-03 13:52

安物買いの注意点と節約のポイント

節約ということでは、できるだけ安く日常生活で必要な商品を購入して役立てるという考え方が基本になります。
これは間違いではないのですが、落とし穴もあります。
例えば安物買いの銭失いという例えのような状況です。
具体的には100円ショップなどで、ひとつひとつの商品はとても安いのですが、それらをたくさん購入してしまい、結局は浪費になってしまうという結果などです。
それは100円ショップに限らず、インターネットの通販でも、様々な非常に安い商品を販売していますので、あれもこれもと購入してしまうという落とし穴もあります。
ですので、安さということと大量購入や無駄なものまで購入してしまうという危険が常にあるということを考えておく必要があります。
ひとつひとつの値段の安さを見るのではなく、トータルの金額に目を向けるということが必要です。
また、電子マネーであるクレジットカードも使いすぎる原因になりますので、使い方のノウハウをメリットやデメリットから理解しておく必要があります。
クレジットカードは、便利なお金という認識で注意深く利用すると節約の助けになります。
家計の基本では、常に商品の値段や支出の意味を意識しておくということが大切です。
[PR]
by q67dhf644fess | 2017-03-02 18:36

ボーナスに対する考え方とは何か

ボーナスが支給されるか否かは、勤務先によっても大きく状況が異なります。
当然公務員であれば必ず支給されるはずですから、とらぬの狸の皮算用とはならないでしょう。
しかしながら、一般の中小企業に勤めるサラリーマンの方にとっては、会社の業績次第でいつ賞与がなくなるかは分かりません。
会社側としても、経営自体が危ない時期に社員にボーナスを支払う余裕はないでしょう。
そのような状況に陥ってしまった際に、ボーナス有りきで住宅ローンや自動車ローンを組んでしまっていた場合は悲惨です。
毎月カツカツの生活をしているような家庭であれば、もう後は奥さんが働くか、すでにパートなどで働いている場合はさらに出勤日数を増やすしか方法がないでしょう。
後々そのような目に合わないようにするためには、賞与はあってないものと考え全て貯金にまわすのが得策です。
全額貯金となると難しいかもしれませんが、最低でも半分は将来のために残しておくべきだと考えましょう。
もらうことができたらラッキーという位の感覚でいた方が良いでしょう。
どれだけ現在好調な会社でも、いつ経営状態が傾くかは誰も予想することができません。そのようなことも考えて資金繰りをしていきましょう。
[PR]
by q67dhf644fess | 2017-03-01 14:29


まずは現実を見据える事


by q67dhf644fess

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧